トップへ

〜MidoriとHana情報〜 Vol.4 夏にモリモリ多肉植物

暑い日々が続いております(^^;;
マスクや換気をしながらの夏は大変ですが、
熱中症には気をつけましょう(>_<)
そんな暑い中に元気な植物も… 多肉植物です!

ここ近年は人気で今では100均や雑貨店でも販売されており、たくさんの種類もあり愛好家も多く中には高価なレア物もあるようです。
お手入れが楽で寄植えがしやすくコンパクトな鉢でも
OKなので、ベランダや窓際でも気軽に楽しめます♪

?IMG_5759 (1)
?3cdc67ac-db5f-4496-9ee3-a4add583fbf5
多肉植物と言えば、まずは見た目の魅力☆

アフリカ・メキシコ・マダガスカルなどの
乾燥地帯出身の植物で、水分を豊富に溜めたぷっくりと
肉づきの良い姿は、お花のような形の可愛らしいものから
不思議な形のユニークなものまでバラエティ豊かです。
ニョキニョキ伸びた変わった姿も楽しめますが、
寄植えで彩りや生い茂る雰囲気を眺めるのも良いです(^-^)

ちなみに…昔から馴染みのあるサボテンも、実は多肉植物の仲間ですが、種類が多いので多肉植物と分けて分類されているようです。

そして、育てやすく管理が楽なことも魅力☆

乾燥に強いため、水やりの回数が少なくてOK!
暑い夏場は特に他の植物より手間が掛からず、温暖な気候を好むため
元気に育ってくれて、室内外問わずオススメです(^-^)

?708dfe1e-43e8-42c3-87bb-aae408f60938 (002)
さらに、季節の変化も楽しめるのも魅力☆

なかにはとても美しく紅葉する品種があったり、
花を咲かせる品種もあります。
花は少し奇妙な感じもしますが、気がつくとこんな風に葉の間から、グーンと枝が出て小さな花を咲かせてくれますよ♪

?56157616-2ded-4763-9f7c-447d9820928f (002)
【育て方】 風通し・水捌け・日当たりの良い場所で管理を。 乾燥には強く、過湿は苦手なので水のやり過ぎに注意です。
土が乾いてから2〜3日後に、水をたっぷりと与えるようにして、多肉植物用土など水捌けの
良い土を使用するのがおすすめ。
冬場や湿度が高い時期は、月一回くらいでも良いくらいで、わりとほったらかしでも
大丈夫な植物です(^-^)
耐寒性がやや低いので、冬は室内か軒下での管理がおすすめですが、品種によっては
一年中屋外で育てられるものもあるほど、基本的には丈夫な植物です。
とは言え、冬は休眠期でやはり元気はないので枯れやすいですが、春に暖かくなってくると
再び芽吹いてくれるものも多いです。
挿木で根付きが良く少ない土でも育つので、寄せ植えが比較的簡単で、
違う品種やカラーの組み合わせも楽しめます♪
写真は、徒長しすぎた枝をチョキチョキ切って挿木で寄植えしたものです。
小さな花瓶に切った枝を挿しておいても根が出てきますよ!


多肉植物は園芸品種も含めると2万種類を超えるそうですが、
代表格とされるのは、アロエ属、エケベリア属、セダム属、
カランコエ属などでしょうか。
品種名は様々で、なかなか面白いものも多いです…
虹の玉、七福神など縁起の良い名前もありますね(^-^)
多肉植物ブームの火付け役のエケベリア属は、
バラの花が咲いたような形をしていて寄せ植えでも
存在感がある人気の種類です。

お気に入りの多肉植物を見つけたり、好きな器で寄植えを
楽しんでみてはいかがでしょうか?
夏らしい雰囲気も楽しめて、見ていると元気な気分にもなれる植物です♪



〜夏季休業のお知らせ〜
8月13日(金)から16日(月)は休業させていただきます。

?19603e24-8b78-45fb-8ba0-698a974dca04 (002)