トップへ

〜MidoriとHana情報〜 夏を代表する花木「サルスベリ」

そろそろ梅雨が明けそうな週間天気予報です!
今日は、最近よく目にするようになった、夏を代表する花木の「サルスベリ」のご紹介です。

NiwaNaviImage
漢字で「百日紅」という名のとおりで、
初夏から約100日間ほどに渡り、
花が楽しめます。
夏らしい華やかな印象の濃いピンクの花を
多く見かけますが、涼しげな印象の淡いピンク
や白・薄紫の花もあり、お庭のシンボルツリー
としても多く植えられている樹木です。

〈花言葉〉雄弁、愛嬌、あなたを信じます

〈育て方&お手入れ〉
樹高は自然だと7m程になりますが剪定によってコントロールしやすく、シンボルツリーとして
は3〜4mぐらいがおすすめです。
成長はやや遅い方で比較的丈夫で育てやすい樹木ですが、日陰ではほとんど花が咲かない
ので、日当たり・水捌け・風通しが良い場所に植えましょう。
植えるのに適した時期は3〜4月・10〜11月頃、
剪定時期は冬で、不要な枝を剪定してあげると次の花付きが良くなります。


そして、名前の由来もその名のとおりで、
猿も滑り落ちそうなツルツルした幹の特徴にちなんで
名付けられたそうです(^-^)
落葉樹ですが、葉っぱがない時期も枝ぶりや幹肌が
楽しめる点もおすすめです♪

花数が少なく暑い夏の時期でも、暑さに負けずに
次から次へと長い間に渡ってお花を咲かせて、
お家まわりを彩ってくれる“夏に重宝する樹木”ですね!

これから少しずつですが、旬な植物の情報をお伝えして
いきたいと思っております♪
NiwaNaviImage