fruit_lemon

最近は、昼間はポカポカでも朝晩は寒い!と、
感じるようになりましたね。
寒暖差には充分お気を付けください!


先日、広島産のレモンを頂きました♪
最近、お花屋さんやホームセンターでも、
実付きのレモンの木が販売されているのを見掛ける季節になりました。

レモンは香りだけでなく、その形にも癒されます。
そして実がなっている木は、見ているだけで幸せになります♪
私が食いしん坊なこともありますが…^_^;

レモンは夏のイメージが強いですが、
国産のものは、みかんなどの柑橘類と同じで、お店に並ぶのは10月〜3月頃なんです。

9〜10月頃に収穫のされるグリーンレモンもフレッシュな味わいです。
レモンといえば黄色い印象ですが、収穫したグリーンレモンが冬になるにつれて、数か月掛けて黄色くなっていくのです。
旬の黄色いレモンが店頭に並ぶのがは、だいたい12月〜3月頃でしょうか。

IMG_7261
国産のレモンの良さは、新鮮なことと、安心して皮まで食べられるところです!
海外産のレモンは、船便で日本へ届きお店に並ぶまで時間が掛かることから、防カビ剤が散布されているそうです。

もちろん、国産レモンもしっかり皮は洗ってからになりますが、皮ごとハチミツ漬けや飲み物に入れて頂いて、じっくり味わいたいですよね♪

IMG_7262
fruit_lemon_tategiri
【レモンの育て方・特徴】
地植えでも鉢植えでも比較的育てやすいですが、日当たりが良く、水はけの良い土を選びましょう。
水やりは鉢植えは表面の土が白っぽく乾いたら、地植えは、庭植えの場合は品種や土質にもよりますが夏の暑さが厳しい時以外は特に水やりは不要です。

肥料は春と秋に年2〜3回程、アブラムシ、アゲハの幼虫、カミキリムシなどの害虫には注意が必要です。 寒さには弱いので、鉢植えは冬は南向きの軒下や室内の明るい場所に取り込み、地植えの場合はマルチングが必要になりますので、
鉢植えの方が管理しやすいのでおすすめです。

レモンは1本でも結実しますが、収穫できるようになるまでに数年かかるため、早く実の収穫を楽しみたい場合は3年生以上の大苗を購入すると良いでしょう。
5〜10月頃に掛けて3回ほど花が咲きますが、なるべく小さい花を選んで適度に取り除いて、実付きが良く、実が大きくなりやすいようにしましょう。


IMG_7269 (1)
熊谷市周辺の地域をまわっていると、果実の樹木が多いな、と感じます。
今の時期は、柿や蜜柑がなっているのを多く見かけます。

お庭で実のなる樹木を育てると、お子さんの植育にも役立つのではないでしょうか?
有事の際は、食料としても役立ちますね。

お庭のご相談がありましたら、ぜひお待ちしております!


カテゴリー : プランナーブログ