トップへ

室内からの景観、実用性を考えたテラススペース/本庄市 T様邸

この記事についているタグ:新築ガーデンライティングテラスタイル目隠し人工芝
NiwaNaviImage
ClipboardImage

タカショー ライティングマイスター 今月のスポット(2017年3月) 掲載作品



ライティングマイスターとは →→→→→→→
ClipboardImage

NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
主庭を全てテラススペースとした施工例。玄関を入ると見えてくるガラス張りのリビングには、まずアップライトで照らされたソテツがお出迎え。圧倒的な存在感を醸し出し、奥に広がるリビングスペースと並行してテラススペースも広がりを見せます。テラスを囲う仕切り壁には控え壁でもあるアクセントウォールが空間を締める上、リゾート感を演出。両脇には塗り壁を照らすグランドライトで上下で上品さを演出。照明効果により、ゆったりくつろげる癒しの空間が出来ました。

NiwaNaviImage
アップライトは隣地にお住いの方を配慮し、グランドライトはスイングするグレアレスの器具と樹木のみ照らせる光量の少なめのフード付き器具を選定しました。

ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
建物設計が南面ガラス張りで庭との共有を考えた造りとなっていた為、室内からの景観、実用性をテーマにあげました。
境界線には目隠しとなるよう壁+ウッドフェンスを設けました。
境界内隣地境界線の基礎もしっかりとした造りであったため、既存の上に積み足しをしました。高さを積む分、控え壁は必要となるため 邪魔になりがちな控え壁をあえてアクセントになる様、モザイクタイルを貼った見せる壁としました。同時に幅もとれたので重圧で強固な控え壁ともなりましたし、コストの削減、スペースも無駄のない造りとすることが出来ました。
また、北側道路だったので、南面は重機を入れることが出来ず、全て人力作業となるため、極力掘削作業、盛土作業をしないようタイルテラスの仕上がりの高さも考慮しました。大人数でも使えるよう、広々なタイルテラスとしてベンチ、ガーデンシンク(両面使用可能)も設置しました。
工事完了したばかりでファニチャー等 無い時の撮影なので使用感は出ておりませんが、ファニチャーやオーニングが設置された時のことも考えての設計となっております。


この記事についているタグ:新築ガーデンライティングテラスタイル目隠し人工芝